So-net無料ブログ作成

英国流モダンデザインの郵便受け [ガーデニング]

Gardman%2017251_Contemporary%20Post%20Box_IS_REF.jpg
先日、紹介した英国トラディショナルな郵便受けとは違って、
モダンなデザインが、都会の住宅には合いそう。
コンパクトサイズでどこにでも取り付けが可能で便利です
シルバーメタルの色もすっきりしていて良い感じです。



















快適な寝具も旅館選びの一つ [Bed]

鹿教湯 布団エレメント0.pngヒュスラー 布団エレメント1.jpg布団エレメント.jpg

旅行の目的で、憧れや評判の旅館に泊まるのも楽しみの一つです。
良い温泉、美味しい料理、快適な施設は決め手だと思いますが、
その中でおざなりになるのが寝具の快適さです。
心地よい温泉に浸かり、美味しいものを頂き、最後はぐっすり眠れる寝具が
意外と疎かになりがちです。
名旅館と称され世界中のVIPが宿泊する京都の「俵屋」は、その点で
おもてなしとは何かを心得ていて、快適な寝具を提供してくれる見本です。
写真は、長野県の鹿教湯にある山水館で、以前紹介した日光の「金谷ホテル」
採用されていたスイス製の布団エレメントをが使われています。
ウッドスプリングを使ったナチュラルテーストのマットレスは、本来、金谷ホテルのように畳の上で使う目的の製品ですが、ベッドのマットレスとしても快適な寝心地を得られるようです。
旅館に泊まって、心地よい温泉、美味しいお料理を頂いて、
あとは朝までぐっすり熟睡ができれば元気100倍になれます。
見た目の豪華さより、見えないところでさりげない快適さを提供してくれるのが、
本当のおもてなしかもしれません。
見えない贅沢です。




連日の猛暑の中、寝具にも工夫で快適に [Bed]

2b_TORSANA_Federelement.jpg


今年の夏は、猛暑の一言では言い尽くせないくらい暑いです。
エアコンを入れて寝ているにもかかわらず暑さで汗が止まらない感じです。
睡眠中、暑さと同時に寝具の湿気も寝苦しさの原因のようです。
この暑さでたっぷり汗を吸った布団の湿気は上がる一方です。
ましてや快適な寝心地のはずの化学素材で出来た低反発マットレスは、
この時期に畳で使うとそれ自体でが熱を溜めやすい特性の上、汗などの水分を
吸わない素材なので、快適どころか不快指数全開です。
これで集合住宅の万年床だったりするとマットレスの下端は、湿気で凄い状態になって、最悪はカビだらけでぜんそくの原因にもなりかねません。
写真は、スイスのヒュスラーネスト社が日本の寝具環境に合わせて
天然素材だけで製作した布団エレメントです。木製の板バネを使ったマットレスで、
畳にベタ敷きのウレタンマットレスとは異なり、布団の下に敷くと空間を保てるので湿気を溜めにくく、日本の夏の寝装環境ではとても快適です。通気だけを強調したスノコのようなものもありますが、板バネとラテックスの緩衝材を組み合わせなのでベッドのマットレスの役割りも兼ねていますので寝心地も期待できます。
夏の暑さによる疲労回復は、栄養と同時にしっかりとした睡眠による休息も重要です。
この季節の寝苦しさを少しでも快適さに変えて暑さを乗り切りたいものです。
勿論、四季を通じての安定した快適さは言うまでもありません。

布団エレメントの詳細






家族の写真を飾ろう! [ポスターハンガー]

4-sophie_grande.jpg

最近は、家族の写真もスマホでバシャっと撮ってお終い。
せっかく撮ったのに、そのままではもったいないです。
額装してとなると手間がかかりますが、たった2本のアルミのバーだけで、
簡単飾れます。
お子さんの写真をリビングの壁に飾ってみませんか!


parts-300_large.jpg
これがデンマーク生まれのポスターハンガーです。ニューヨークの近代美術館で
永久展示されているポスターハンガーは、デザイン性にも優れ、小さいものから
大きなものまで対応できるように各種サイズがあり、取付も簡単で、いらない時は
2本のスティツクになるので場所を取らずとても便利です。


取り付け方は、こんな感じです!
1-clip_grande.jpg
まず飾りたい写真に付属のクリップをスライドさせ取り付ける。
2-bar_grande.jpg
その上からアルミのスティツクをスライドさせ、
その両端をゴムキャップでふさぎ完成です。

3-hang_grande.jpg
あとは、壁掛のフックに引掛けてお終い。とても簡単です。

リビングの壁にお子さんの描いた絵や可愛らしい笑顔の写真など、
こんな風に飾っては如何ですか。




アントチェアのポスター [ART]

chear.JPG

1981年にスウェーデンで開催されたスカンジナビアデザイン展の為に
製作されたポスターです。
アーネヤコブセンの代表的なアントチエアーをモチーフにしています。
名作椅子と呼ばれるデザインだけあって、黒を基調に白い細い輪郭線だけの
シンプルな図柄ですが、その魅力は伝わってきます。
ポスターのデザインは、デンマークを代表するボー・ボンフィールズで、
1981年の展覧会以来、今でもデンマークのルイジアナ美術館をはじめ、
コペンハーゲンのインテリアショップで販売され続けている人気のポスターです。
北欧の家具に囲まれたリビングに飾るには、とてもよく映えます。
でも最近は、このポスターを日本であまり見かけなくなりました。









北欧のホウキとちり取り [インテリア]

ちり取りの仕様.jpg
ホウキとちり取りの続きですが、
以前使っていた同じ北欧の商品は、デザインが面白くて良かったのですが、
プラスチックを使っているのが何となく好きでなかったのと、自分の組み立て方が
悪かったようで、使っているうちに持ち手部分のネジが緩くなってぐらぐら感が
出てきました。
この点、ちり取り部分がスチールで、持ち手も2点留めできちんと固定されているので、デザインは若干シンプルですが、道具としては長く使えそうで良い感じです。










北欧のお掃除道具 [インテリア]

947228_498935843508178_1290447919_n.jpg

先日紹介したデンマークのホウキとちり取りは、
グリム童話に出てくるような古い農家を改装した工房で製作されています。
このような環境でブラシ全般を一人の職人がハンドメードで作っているなんて、
ユニークで面白いですね。


947228_498935836841512_355298774_n.jpg




















最近ちょっと気になる照明スタンド [インテリア]

限定.jpg

最近ちょっと気になるのが、
ポール・ヘニングセン生誕120周年でルイスポールセンから販売された照明。
銅と乳白吹きガラスのトップシェードがセットされたテーブルスタンドは、
昨年販売されたペンダントに続き限定品だそうです。
今回の限定モデルもかなりお高いのですが、独特な雰囲気が魅力的です。
東京のノルディツクフォルムに展示されていた実物を見ましたが、
金属部分が鏡面仕上げの為に、指紋が目立ちお手入れが大変そうですが、
惚れ惚れする質感です。
この銅の鏡面仕上げに反射した柔らかい光は、うっとりするくらい素敵です。
欲しい、欲しい、アイテムです。























北欧生まれのホウキとちり取り [インテリア]

掃除の模様.jpg

北欧スタイルのホウキのちり取りは、日本でも多くみられるようになりました。
この独特なデザインは、玄関先に置いてもお洒落なインテリアグッズとして
魅力的です。写真は、デンマークの小さな工房で一つ一つハンドメードで
作られていて、量産品とは異なり、持ち手が金属プラスねじを使わず、木製ダボともう一か所ピンで止めているので、ぐらつきがなく頑丈な作りになっています。
また、ゴミを集める部分は、プラスチックを使用せずスチールなので安定感があり、先端にはゴムが付いているので、きちんとゴミも集められて掃除がしやすいです。
ブラシも黒と白があり、個人的にはこの白が良いかな。
この天然素材のホウキとチリ取りは、価格も良心的で機能と耐久性に優れ、長く使うには良い北欧のお掃除道具です。






椅子コレクター泣かせのコピーの撲滅 [インテリア]

昨今、椅子をはじめ名作と呼ばれるデザインのコピーが横行して悲しいです。
その発信基地が日本とは情けない限り。
ここに着て、その恥ずべき人たちを撲滅する新たな手段として3Dによる著作権保護ができるようになり、日本で最も売れているYチェアーがいち早く登録したようです。
コピー撲滅に各メーカーも頑張って欲しいところです。