So-net無料ブログ作成
検索選択

アントチェアのポスター [ART]

chear.JPG

1981年にスウェーデンで開催されたスカンジナビアデザイン展の為に
製作されたポスターです。
アーネヤコブセンの代表的なアントチエアーをモチーフにしています。
名作椅子と呼ばれるデザインだけあって、黒を基調に白い細い輪郭線だけの
シンプルな図柄ですが、その魅力は伝わってきます。
ポスターのデザインは、デンマークを代表するボー・ボンフィールズで、
1981年の展覧会以来、今でもデンマークのルイジアナ美術館をはじめ、
コペンハーゲンのインテリアショップで販売され続けている人気のポスターです。
北欧の家具に囲まれたリビングに飾るには、とてもよく映えます。
でも最近は、このポスターを日本であまり見かけなくなりました。









エーケルンド、ム―ミン、マリメッコもポスターハンガーでアートに早変わり! [ART]

poster001.jpg

北欧には、素敵なテキスタイルの商品がいっぱいあります。
エーケルンドのリネン製品もオルスコフのポスターハンガーを使うと
こんな感じに演出できます。
写真は一昨年スウェーデンの皇太子の結婚にちなんで制作された紋章入りの
製品をポスターハンガーを使い、銀座のSHOP「北欧の本物だけ」で
展示されていたもの。
エーケルンドの商品ばかりでなく、ム―ミンやマリメッコなどの生地を太鼓張りに
して壁面に飾るよりも生地を傷めずにすっきり飾れて、そして取り外しも簡単で
とても便利です。








アーネ・ヤコブセンとボウタイ [ART]

206959_196931300343656_5192611_n.jpg
有名な建築家は、東西を問わずボウタイ好きな人が多いです。
安藤忠雄さん何かは、似合わなそうだけど、アーネヤコブセンは、良い雰囲気かもしだしてますね。
最近、日本でも普段使いで着用する人見かけるようになり、着こなし上手が増えました。
でも、日本製ではなかなか良いの見つからないのは残念。
先日、東京都現代美術館に行く途中にあったオンネリネンという雑貨屋さんに良い感じのボウタイ発見。







椅子好きには楽しい展覧会 「ハンス・ウエグナーの椅子展」 [ART]

IMG_1497.JPG
東京青山にあるスパイラルで「ハンス・ウエグナーの椅子展」が開催されています。
60点ほどの代表作が展示される中、その大半の椅子に座ることができるので、ウエグナーファンばかりでなく椅子好きの人には楽しい企画展です。
「デンマーク名作椅子105選」に掲載されたウエグナーの椅子も多数展示されています。

デンマークの椅子 [ART]

61BHWGC8PRL__SS500_.jpg
読書の秋になりました。
「デンマークの椅子」は、
織田さんのライフワークとなった家具コレクションのオンパレードとも言える書籍です。
本当は、10年ほど前にグリーンアロー出版社から出版された同じタイトルの本の方が数段
魅力的でしたが、残念ながら既に絶版となってしまって、現在この普及版のみ。
とは言え、家具好きには楽しい本です。
何度か紹介した「デンマーク家具105選」もデンマーク家具の百科事典のように名作椅子が
掲載されていて魅力的なポスターです。
リビングのポスターを見る度にデンマークの椅子の魅力に慕っています。

イタリアンなデニッシュチェアーはやはり異質 [ART]

panton_red_1024x1024.jpg

一瞬、イタリアをイメージしてしまいそうな鮮やか色彩と大胆なデザイン。
木でなくFRP樹脂とデンマークの椅子の中では異色の雰囲気。
パントンの椅子です。
105脚の椅子の中に入ると違和感を感じますが、この人の椅子はすべて違和感なデザイン。
これもデニッシュチェアーです。
赤が似合うイタリアンにしか見えませんね。
デンマークの名作椅子105選より

デンマーク家具と照明に囲まれて [ART]

フィンユールとルイスポールセン.jpg
デンマークの家具と照明に囲まれてと言ってもデンマークを代表するフィンユールの家具と
ルイスポールセンの照明に囲まれてが正確でしょうか。
どれも欲しい一品ばかり・・・。
北欧インテリアに関心がある方であれば羨ましい光景です。
そんな、デンマークの黄金期の椅子や照明を一堂に集めたポスターを見ているだけでも
北欧デザインの魅力が伝わってきます。

20世紀デンマークチェアー105選

20世紀デンマーク照明100選

椅子というよりは芸術品です。 [ART]


ヴァレッタチェアの写真です。.jpg

ハンス・ウエグナーの椅子は、美しく、そして機能性に優れたデザインが多いです。
このヴァレッタ チェアも代表作の1脚ですが、椅子というよりはオブジェとして
部屋に置いた方が似合いそうです。
背もたれは、上着をかけ、座面を起こすとズボン掛け、その中座面の下には
ウォレットなどの小物を置けるスペースと多機能。
ただ、椅子として座ると座面がバカバカしてとても座り心地が悪いです。
ウエグナーさんの椅子で唯一、座る目的で作られなかった椅子のようです。
この椅子は、1953年製作ですが、この時代のデンマークの椅子は優れたものが多く、
まさにデンマークデザインの絶頂期、もちろん「デンマークの名作椅子105」に載っています。
PP250 The Valet Chair ヴァレットチェア(1953)






デンマーク名作椅子105選 「フィン・ユール チーフテンチェア」 [ART]

KICX0324 フィンユール.JPG

デンマーク名作椅子105選の中で、フィンユールの45番よりも印象的なのが
このチーフテンチェアーです。
独特のフォルムは、他のデンマークデザインの椅子とは一線を画するものです。
写真は、10年ほど前にエルモルイスというアンティツク家具を扱う会社が、
東京青山でフィンユール展を開催の際に展示されていた椅子。
もちろん、ニールス・ヴォッダー工房製でローズのヌメ革仕様。
今はどなたかのお宅に置かれているんでしょうね。
羨ましい!




フィンユール流 正しい椅子の座り方! [ART]

椅子の座り方.jpg

ご存じフィンユールのチーフテンチェア。
自分のデザインした椅子に、こんなポーズで座ってみたいな。
でもこの椅子、実際に座ると快適ではないと思いますが、
フィンユールさんが一番良くわかっている?
フィンユール流正しい椅子の座り方。