So-net無料ブログ作成

英国鳥類学協会が企画したバードフィーダー [ガーデニング]

バードフィーダー アルミダイキャスト.jpg

ジャパンバードフェスティバルも終えて、
いよいよ本格的にバードウォッチングの季節がやってきました。
日本の愛鳥家の人口は、欧米には遠く及ばないですが、
それでも山ガールが増えているのと同じく、バードウウォッチングも
日本野鳥の会なので主催するイベントも若い女性が増えているそうです。
なかなか山まで行ってとなると大変ですが、庭先でも簡単にバードウォッチングを       楽しむには最適なのがバードフィーダーです。
近年、鳥インフルエンザなど衛生面の心配もありますが、このバードフィーダーは、                  英国鳥類学協会が設計して商品化した製品です。
本体は、アルミダイキャストを使い耐久性に優れ、各パーツをバラバラにでき、
水洗いなどクリーニングがとても楽にできます。また本体には抗菌コーティングを
施しているので安全面も重視したフィーダーなのでとても安心です。
この製品は、日本野鳥の会から販売されていて愛鳥家の反応も良いそうです。寒さもこれからが本番、都会の窓辺でバードウォッチングを楽しむには最適なグッズです。













バードウォッチングの季節がやってきた ジャパン・バードフェスティバル [ガーデニング]

c0245984_2231488.jpg
今年もジャパン・バードフェスティバルが千葉県我孫子市にある手賀沼湖畔を会場に開催しました。バードウォッチングの季節を告げるバードウォッチングファンには楽しいイベントです。今年は天気にも恵まれて、昨年が特に寒かったので訪れるにはよい週末になりそうです。
各ブースでは野鳥観察に最適なグッズ販売されていて、その中で、英国鳥類学協会が企画した安全性を重視したバードフィーダーも販売されていていました。
日本野鳥の会からも昨年から販売されていて、日本の環境にも適応した安全性の高く安心して庭先で楽しめるフィーダーはお勧めです。