So-net無料ブログ作成

連日の猛暑の中、寝具にも工夫で快適に [Bed]

2b_TORSANA_Federelement.jpg


今年の夏は、猛暑の一言では言い尽くせないくらい暑いです。
エアコンを入れて寝ているにもかかわらず暑さで汗が止まらない感じです。
睡眠中、暑さと同時に寝具の湿気も寝苦しさの原因のようです。
この暑さでたっぷり汗を吸った布団の湿気は上がる一方です。
ましてや快適な寝心地のはずの化学素材で出来た低反発マットレスは、
この時期に畳で使うとそれ自体でが熱を溜めやすい特性の上、汗などの水分を
吸わない素材なので、快適どころか不快指数全開です。
これで集合住宅の万年床だったりするとマットレスの下端は、湿気で凄い状態になって、最悪はカビだらけでぜんそくの原因にもなりかねません。
写真は、スイスのヒュスラーネスト社が日本の寝具環境に合わせて
天然素材だけで製作した布団エレメントです。木製の板バネを使ったマットレスで、
畳にベタ敷きのウレタンマットレスとは異なり、布団の下に敷くと空間を保てるので湿気を溜めにくく、日本の夏の寝装環境ではとても快適です。通気だけを強調したスノコのようなものもありますが、板バネとラテックスの緩衝材を組み合わせなのでベッドのマットレスの役割りも兼ねていますので寝心地も期待できます。
夏の暑さによる疲労回復は、栄養と同時にしっかりとした睡眠による休息も重要です。
この季節の寝苦しさを少しでも快適さに変えて暑さを乗り切りたいものです。
勿論、四季を通じての安定した快適さは言うまでもありません。

布団エレメントの詳細






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。